三多摩支部HOME > 活動報告

過去の活動報告

~2014年度 2015年度 2016年度 2017年度

ナガセ新工場建設がすすんでいます

2017年5月24日(水) (株)ナガセ

2016年11月15日付け日刊工業新聞にて「ナガセ、本社工場新設」として報じられた東京中小企業家同友会三多摩支部会員 (株)ナガセの本社工場の建設が進んでいます。

imageimage

2018年4月の府中支部の設立にむけて「府中支部設立準備幹事会」が開催されました

2017年5月24日(水) 府中グリーンプラザ

2018年4月の設立を目指し、第1回目の府中支部設立準備幹事会が、三多摩支部、町田支部の両支部から10名の参加を得て開催されました。

準備幹事会では調布・府中エリアで事業を行っている2名の新会員 買取なんでも市場松谷氏とA型事業所「らぷらんど調布」を運営しているNPOくまもと障がい者就労支援ネットワーク 木村氏も参加され、新支部設立の意義や今後の取り進めについて活発な意見が交換されました。

imageimage

経営指針成文化セミナー卒業生が語る!例会を開催しました

2017年5月22日(月) 立川市女性総合センターアイム

東京中小企業家同友会三多摩支部5月例会では「経営指針成文化セミナー卒業生が語る」と題して(有)サニーシステム 取締役 藤井敦氏と㈱トコウ 代表取締役 斗光健一氏が報告しました。

藤井氏は「カッコイイ社長になる」と題して、経営指針成文化セミナー受講前と受講中そして卒業後の自身の経営に対する思いの変化や、社員を巻き込んだ社内制度の改革の取り組みなどについて報告しました。斗光社長は「同友会入会で会社が変わり運をつかんだ」と題して、創業からの幾多の苦難を乗り越えてきたこと、成文化セミナーにて作り上げた経営指針書が現在のトコウの成長の羅針盤になっていることを自社での取り組み事例を交えて報告しました。

imageimageimageimage

大田支部5月例会に友和建工 新海氏とシーナビジネスコンサルティング 椎名氏が応援参加

2017年5月18日(木) 大田区産業プラザ

東京中小企業家同友会大田支部5月例会が京急蒲田駅前の大田区産業プラザにて開催されました。

5月例会では、端子盤専業メーカーであるフジコン(株) 大島右京社長が「社員が辞めない会社づくり」と題して報告されました。

そして大田支部5月例会に三多摩支部より、友和建工 新海宗昭社長とシーナビジネスコンサルティング 椎名美智子社長が応援されました。

imageimageimageimage

嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目にて、プランスタッフ 澤田 康社長が講演されました

2017年5月16日(火) 嘉悦大学

東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。

今年度第3回目の講義では、東京中小企業家同友会三多摩支部幹事のプランスタッフ(株) 澤田 康社長が、起業までの経緯・大手企業のサラリーマン時代・起業の経緯と自社の事業内容・将来ビジョンについて具体的事例を交えて、学生約70名に報告されました。

imageimageimage

泰興物産(株) 丸田哲郎氏が三多摩支部幹事会にてミニ報告

2017年5月8日(月) 立川市女性総合センターアイム

東京中小企業家同友会三多摩支部では毎月開催している幹事会にて「ミニ報告会」を併設しています。

4月ミニ報告会の報告者は、泰興物産(株) 丸田哲郎氏です。丸田哲郎氏は4月に卒業し新卒で泰興物産に入社されました。学生時代の取り組みや入社動機そして現在の仕事内容について報告されました。なお、丸田哲郎氏は2017年度より、東京中小企業家同友会三多摩支部幹事として活躍中です。

imageimage

(株)トコウ 斗光健一社長が嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目にて講演します

2017年5月8日(月) (株)トコウ

東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の産学連携事業を行っています。

5月30日には(株)トコウ 斗光健一社長が講演されるため、事前の打ち合わせ会を(株)トコウにて実施しました。

image

嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目にて、キーナスデザイン 橘 純一社長が講演されました

2017年5月2日(火) 嘉悦大学

東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。

今年度第2回目の講義では、東京中小企業家同友会三多摩支部 副支部長であるキーナスデザイン(株) 橘 純一社長が、起業までの経緯・キーナスデザインの事業と顧客を取り巻く環境・将来ビジョンについて具体的事例を交えて、学生約70名に報告されました。

imageimageimage

三多摩支部会員(株)ナガセ 長瀬透社長が東京都中小企業振興公社創立50周年誌にて紹介されました

2017年5月2日(火)

東京都中小企業振興公社が創立50周年を記念して記念誌「未来へつなぐ50年」を発行しました。

この記念誌にて東京中小企業家同友会三多摩支部会員(株)ナガセ 長瀬透社長が「世界に羽ばたく中小企業」にて、それぞれの独自技術を磨いた4社として紹介されました。

東京都中小企業振興公社創立50周年誌(PDF)

image

三多摩支部 第43期支部総会が開催されました

2017年4月25日(火) フォレストイン昭和館

東京中小企業家同友会三多摩支部の第43期支部総会がフォレストイン昭和館にて開催されました。

2017年度の活動スローガン「つながろう中小企業の輝ける多摩で」、100名会員を目指す三多摩支部の活動方針や予算など関連議案について全会一致で承認されました。

記念講演会では、神奈川県中小企業家同友会の会員である(株)湯佐和 湯澤 剛社長が「40億円の借金の山~覚悟を決めて臨んだ1827日の軌跡を語る」と題して、実父の急逝で背負った40億円の借金に対して、いかに会社を再生させ返済を果たしてきたのかをご自身のこれまでの経験を踏まえて赤裸々に語っていただきました。懇親会ではフォレストイン昭和館でのおいしい料理を堪能しました。

imageimageimageimage

嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目にて、劇団前進座 河原崎國太郎氏が講演されました

2017年4月18日(火) 嘉悦大学

東京中小企業家同友会三多摩支部では、嘉悦大学ビジネス創造学科ライブケース科目への経営者の講師派遣の取り組みを継続しており、今年で5年目となりました。

第1回目の講義では、劇団前進座 河原崎國太郎氏が、劇団前進座の歩みと前進座の歌舞伎についてを、伝統を未来につなぐ役目としての取り組み、付属養成所の卒業生である若手が活躍していることを具体的事例を交えて、学生約70名に報告されました。

imageimageimage
image
嘉悦大学 ビジネス創造学科ライブケース科目(2017年度)へ
東京中小企業家同友会三多摩支部は経営者の講師派遣を今年も実施します

三多摩支部長 岡野景子氏が東京中小企業家同友会「広報部」委員に就任

2017年4月7日(金) 東京中小企業家同友会

東京中小企業家同友会広報部では、広報誌「月刊中小企業家」の編集発行を担っています。このたび2017年度より多摩エリアの広報力向上にむけて三多摩支部長 岡野景子氏が広報委員に就任され、4月7日に新年度第1回目の広報委員会が開催されました。

image

2017年度三多摩支部第1回幹事会が総勢16名参加で開催されました

2017年4月4日(火) 立川市女性総合センターアイム

新年度第1回目となった東京中小企業家同友会三多摩支部の幹事会には総勢16名が参加。来る4月25日の支部総会に向けての最終調整と今後の例会づくりについて討議をするとともに、4月より泰興物産に新卒入社された丸田哲郎氏に入社祝いの花束贈呈と参加者全員スピーチが行われました。

imageimageimage
会員専用ページ
東京中小企業家同友会
東京中小企業家同友会 八王子支部
▲このページのトップに戻る